Greetings from Director

◆◆◆ 代表取締役 ごあいさつ ◆◆◆   
ラサール3chousei HP                    アウトリーチコンサートでの風景  

ピアノサロン ‛ REFRAIN (ルフラン) ’ ならびに ‛ SAFRAN (サフラン) ’ が入るビル「アーバンブリッジビル」の代表取締役、山口慶子でございます。アーバンブリッジビルは、隣接する大橋眼科の旧自宅部分を、そのイメージを残した形で、中央の 中庭を囲むように設計いたしました。大橋眼科は大正8年 (1919年) に開院して、元号が変わる来年に100周年を迎えます。代々、地域の皆様の目の診療や健康管理をさせていただいております。

REFRAIN (ルフラン) ’ は、音楽用語「繰り返し」の意味のフランス語ですが、語源が「輪廻転生」であることから、   この場所が世代、時空を越えて、音楽や文化の発信スペースとなるようにという願いを込めて、サロン名にしました。

2階 ‘SAFRAN (サフラン) はロシア民話「12月ものがたり」に登場する、厳冬の雪の中で美しく咲く、寒さに負けない花の名前から取り、困難に負けないようにという思いを込めました。

私は小児眼科を専門としており、生まれつき障害を持つお子さんたちの診療にあたる機会が多く、建築上、内装に最も留意したのは「バリアフリー」についてでした。車椅子席が予め決まっているバリアフリーというのは、本当の意味でのバリアフリーではないように常々思うことがあり、1階の REFRAIN (ルフラン) ’は、ガラステーブルの天板が規格より高いものを発注し、車椅子の肘が当たらないテーブルの高さで、どの場所でもお好きな席で音楽やスイーツを楽しんでいただけるように考慮いたしました。

音楽に国境がないように、心の垣根なく、ジャンルもクラシックだけに限らず、プロの演奏家のリサイタルやCD発売記念 コンサートからお子様の発表会まで、REFRAIN (ルフラン) ’ で、皆様が幸せな 時間を過ごしていただけますように、真摯に心地よい空間造りを心がけております。

 
 
㈱アーバンブリッジ社 ㈱ルフラン 代表取締役 山口 慶子  医師・医学博士・ピアニスト     

東北文化学園大学 医療福祉学部 視覚機能学専攻 教授 宮城県立こども病院 医師兼任 日本大学芸術学部 音楽科 非常勤講師

洗足学園音楽大学 大学院器楽科(ピアノ)修士課程修了 ポーランド国 Musica Foundation マスタークラス修了